女性必見! ~毎月の生理前にできるニキビの原因と対策について~

毎月、生理前にニキビが出来て困っているという人もいることでしょう。

主にフェイスラインや口元などの皮脂が少ない部分にできやすい傾向があります。

生理前ニキビの原因はホルモンバランスの崩れによるものです。

女性ホルモンのプロゲステロンというホルモンの分泌が生理前になると大きく増えてしまって、それがニキビを引き起こしやすい環境を作ってしまいます。

プロゲステロンは皮脂を過剰に分泌させてしまうので、フェイスラインや口元などの乾燥しやすい部分に皮脂が急に増えることで、皮脂と古い角質が詰まりやすくなり、ニキビができてしまいます。

洗顔と保湿の徹底でニキビケア

生理前は皮脂の分泌が増えるだけでなく、肌も敏感になっていて傷つきやすいです。

肌荒れしないように無添加化粧品を使うなど、いつも以上に注意してスキンケアを行いましょう。

普通の大人ニキビのケアと同様で、丁寧な洗顔で毛穴の詰まりを取り除き、保湿を重視したスキンケアで肌のコンディションを高めるのが大切です。

肌に優しい洗顔料で丁寧に毛穴汚れを落とすようにして、なるべく肌のバリア機能を低下させないようにしましょう。

保湿は油分の少ない化粧品を使って、保湿力の高い美容成分が入ったものがおすすめです。

また、この時期はファンデーションやそれを落とすクレンジングでも肌荒れしやすいので、ファンデーションはなるべく控えるのが大切です。

仕事などでどうしてもメイクが必要な場合には、石鹸で落とせるミネラルファンデーションのようなものを使いましょう。

生活習慣にも気をつけよう

生理前ニキビは皮脂のみが原因ではなく、生活習慣も大きく影響を与えてしまいます。

普段は多少乱れた食生活でもニキビができない人でも、生理前になるとダイレクトに肌に影響が出てしまう場合があります。

なるべくビタミンやミネラルなどが多い野菜をしっかりと取って、油っこい料理は避けるようにしましょう。

言うまでもなく、栄養バランスの整った食事が理想的です。

また、睡眠不足は肌の修復機能が低下して、ホルモンバランスが崩れやすくなってしまいます。

体の不調も抱えやすい時期ですから、しっかりと良質な睡眠を取り睡眠不足にならないようにしましょう。