ニキビ面だった私が、肌をほめられるようにまで肌改善した方法

私がニキビに悩み始めたのは、高校生になってからでした。

高校デビューという言葉の通り、中学時代は地味でなんの取柄もなかった私が、高校生になってメイクを覚え、世界が変わったのを今でも覚えています。

ただ、ろくにメイクの知識がないままだったので、化粧下地も塗らなかったですし、メイク落としと洗顔の違いも良く分かっていませんでした。

メイクがどんどん濃くなるにつれて、肌もどんどん荒れてきました。

荒れた肌を隠すために、さらにファンデーションを厚塗りにする日々…。

またこの頃は思春期だったこともあり、ストレスを感じると、すぐにほほ回りに赤みをおびたニキビが現れるようになりました。

高校時代の卒業アルバムの写真は、今でも正直見たくありません。

この肌トラブルの悩みはハタチになるまで続き、人生の節目である大事な成人式の写真もニキビ面で写っていました。

本当に、今までいろんな商品を試してきました、CMでも話題の海外化粧品も使いましたし、口コミで話題になっている基礎化粧品は安い物から高額なものまで、いいものはとりあえず全部試しました。

その中で気が付いたことが、自分の肌はとても敏感肌だということ。

自分の肌質を知ることで、基礎化粧品はアルコールが入っていない、刺激の少ないものが自分にはあっていということも分かりました。

決して高額なものでは、ありません。

普通のドラッグストアで買えるものでした。

これだ!と決めてからは、ずっとその商品を使い続けました。

使い続けていくにつれて、肌も落ち着いてきました。

後で知ったことなのですが、色々なものを試しすぎるのは、肌にストレスをかけるのであまり良くないそうです。

ニキビに悩んでいる方は、1度自分の肌質をチェックしてもらった方がいいと思います。

私は普通のドラッグストアにいる美容部員のお姉さんに肌診断をしてもらいました。

ストレスをためない!

外側からは、化粧品で修復できても、肝心な原因を解決しなければ、ニキビトラブルは繰り返すばかりです。

私の場合は、学生時代の家庭環境にありました。

しかし、社会人になった今、そのストレスからは解放されました。

もちろん、仕事でもストレスを感じることはあります。

でも、大切なことは、ストレスをためないこと!誰かに愚痴るのも良し、スポーツで体を動かすのも良し、旅行に行くのもよし。

一番大切なのは、自分のストレスの原因を知り、それを発散させる方法を見つけること。

ニキビ改善への近道は、自分を見つめ直すことから始まるのだと思います。